top2.jpg

1024*768 Since 2007.10.17
FC2ブログ

2018  


テレビやネットの感想

 

SP(エスピー) 06話 感想

2007/12/09(日) 15:32:46 [SP(エスピー)感想]

エレベーター内の対決、これは見物だった
狭い密閉空間での対決、しかも、2対2の格闘戦はなかなかナイ、非情によかった
大抵は、受け側が瞬殺、制圧されて誘拐などのが定番パターンである
だが逆転した、受け側による先制攻撃、この場合は発言による心理的先制攻撃だ
前回の匂いの分子を記憶していたので同一人物と断定、カマをかけて
見事に成功、掃除屋はついにボロをだす、殺気を感知して肘うちを防御
だが、髭の男もなかなか強い、パンチを腕を絡めて防御して仲間を守る
対峙する相手が入れ替わる、そして尾形も井上のピンチを救う
今回の制圧シーンは今までで一番よかったです
エレベーターを降りた時点でやや事務的制圧シーンになりましたが、細かな動きがありました
井上も尾形もそうとう訓練を受けているようで強いですね
どうも井上(岡田准一)は警備部(SP)の防御より、攻撃や調査に向いているようだ
同期の田中一郎と同じ公安部それも外事課などが似合っている

みんな格闘能力が高いようですね、山本って格闘能力は高いのでしょうか?
公式サイトには総合格闘家を目指していたと書いてあったのでもしかしたら実力NO.1だったりしてね

あと公式サイトにエキストラ募集が書かれいました
場所は東京ビックサイトで会場内の観客役のエキストラ 大人数必要ですよね
設定は、小規模の企業展示? もしくはコミックマーケット?
撮影期間も5日程度を要するので、大規模な占拠によるテロ活動?
まさか、秋葉系議員の警護とかですか?
そういえば、テロ対策特殊装備展(SEECAT)が10月にありましたね 関連あるのかな?

SP(エスピー) 05話 感想

2007/12/02(日) 16:12:50 [SP(エスピー)感想]

05話は掃除屋、殺し屋といわれる部類の犯罪者との対決
まずは、掃除屋の凶悪さや、手口を紹介
冷酷で、残忍にして狡猾、物として人を殺せる恐怖演出

井上(岡田准一)の特殊能力、タバコの銘柄を匂いの分子でかぎ分けるとはさすが主役
視覚的な記憶能力だけではなく、嗅覚でも特別な記憶能力があるようです
チャイナ服着てホテルにチェックイン 中国からの観光客設定 基本空港から直接でしょうね
中国からの飛行機もチャイナ服で来た雰囲気
清掃屋の設定がよくわかりません モデル気取り!? わかりやすくする設定だと思いますが
知らないだけで、中国の富裕層の人は一般的なのでしょうか?

01話感想時に言っていたユーモラス風刺を使った内容になっている
ライブドア事件でお亡くなりになった野口副社長の事件を暗示するかのようなシナリオ
やはり、オリジナリティのない話でした
次は、愛知県のSAT隊員射殺事件を題材にした殉職系のお話でもありそうですね
長崎市長射殺事件、ハニートラップ、何にせよ大きな事件を模倣した脚本がもう一本はあるでしょう

現在のところ伏線が4つ
1. 尾形、井上の過去の事件の復讐、真実の解明 内閣総理大臣との繋がり
2. 01話の犯人の再登場 殺人、犯罪依頼サイトの影 
3. 情報漏えいの犯人 スパイの存在
4. 公安部公安第1課 田中一郎の役どころ



余談なのですが、今回の笹本役真木よう子さんの立派な胸に眼のやり場に困りますね
完全に、着やせするタイプですね、脱いだらすごい系だよ ビックリだ
ジャケットを着込むシーン、白いYシャツの下に薄く透ける黒いアンダーシャツ
10代の時のドキドキを思い出します 参ったな、役を超えて本人の色気がでてるよ 悪い意味で・・・

SP(エスピー)02.03.04話 感想

2007/11/25(日) 15:42:18 [SP(エスピー)感想]

SP第01話特有の盛り上げ方がなかったので、今後どうなるか心配しながら見ていました
そして、いきなり3話構成、02話を見た時点では、2話構成だと思っていました
ところが、3話構成で、ビックリ 感想は3話をみてからに変更

02話 感想
笹本がいきなりテロリストに制圧されるシーン
01話を見て笹本の印象、大胆な行動ができ緻密さを兼ね備え非情にもなれる曲者
銃口をテロリストに向けるが発砲できずに制圧されていました
初めから撃つ意思がないと思う人もいるだろうが、いきなり拳銃を向けるような訓練をしている
人間が射撃をためらう理由がない 命中精度も抜群に高い
今回は、制圧されてしまいましたがなかなかの好判断 
残念なのはポジショニングわざわざ死角を作っていました
病院は構造上、通路が長く幅が広く作られています オペ室前にちゃんと立っていれば制圧されることはなかったでしょう 射殺されていた可能性はありますが・・・

03話 感想
井上(岡田准一)の機転のよさと、強さを紹介する回だったと思います
テロリストVS井上 警棒の威力はたいしたものです 
一撃は、軸足の弁慶の泣き所、トドメの一撃は何回みてもどこにヒットした演出かわかりませんでした
テロリストの反り具合から腹部に見えましたがおそらく顎かこめかみ、失神KO

04話 感想
すべてのテロリストを制圧する回
現場にあるもので罠を仕掛けて次々と制圧していきました
見せ場は、引火による爆発、よく銃弾をかわせたとかは言いません
なぜなら特殊能力を持った主人公ですから 風呂に入って水も滴るいい男
01話からいえることですが、犯人を逮捕(制圧)シーン、工程がすべて事務的だといえます
戦っているというよりも作業している演出でした 盛り上がりに欠けます
原作を読んだことありませんが、原作の作家さんの影響だと思えます
おすすめ料理本(簡単でうまい男の料理)    太一×ケンタロウ 男子ごはん

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

男子ごはんは、毎週、楽しみに番組を見ています。

結構、レシピをまねて料理を作ったりしています。
煮込みハンバーグ、簡単酢豚、白菜の付け合せなど、いろいろ作りました。
どれも、本当に簡単に楽しくおいしいものができました。
特に、酢を使った料理が好きです。
この前は、アジの南蛮漬けを作りました。
三枚におろしたアジを購入し、片栗粉をまぶして、そのまま揚げ、レシピ通りタレに漬け込む
テレビでは、アジではなく、イワシの南蛮漬けでしたが、アジで作ってみるとこれまたうまい。

« Prev Page | HOME |