top2.jpg

1024*768 Since 2007.10.17
FC2ブログ

2018  


テレビやネットの感想

 

6/6 YouTube ヒカル 感想

2018/06/07(木) 04:31:09 [日記]

サブチャンネル カバンの中身抜き打ち
名人の声から始まった!! いつもと違うと緊張が走る いい期待だった
名人のまわし、動画に髪留めなどのアイテムがしっかり焦点があっている、見やすい、GOOD
たどたどしいがまえすを攻める名人 まだ下手だけどやりたいことはわかる
そういう攻めの時のやらしさが名人にはないな 攻め方としてはその場で飲ませるのが良い
飲ませればもう一本動画作れるね
まえすの浮気調査の話は名人の狂気を改めて感じた
GPSによる監視アプリをこっそり入れるとよいよ すべての行動を把握できる
総合的に名人も進行役は合わないな、名人メインの動画はどんどんやって欲しいが、進行役は別にしたほうがいい
あと、部屋が暗い 斜め前方から演者を照らすやさしいライトが2本欲しい
動画完全視聴×2

最近まえすを応援している どうすればよくなるのか考えてみた

人のいい兄ちゃんなのでいいところは割愛

悪く感じたところ
ラファエルに依存しているように感じた主にファッションなどでラファエルがいいと言えばそれはいいものだと断定している
彼がどんなユーチューバーなのか知るために動画を見たがまえすが模倣する対象ではないと判断した
脱ラファエル
影響している動画としてはファッションチェック 自分や名人の好きなブランドとか眼鏡など正直知りたいとは思わなかった
ヒカルのファッションならわかるが名人まえすヒカルと対等になりたいのか?
こっしゃんの服のブランドを気にした時、値踏みしているようでリアルな嫌な感じだった
ファッションに自信があるのだろうけど 自信担当はヒカルで、兄のまえすはポジション的に癖がないほうがいい
中川家のお兄ちゃん ミキのお兄ちゃんポジションで千原兄弟のせいじにはなってはならない
本日の動画でカバンの整理ができていないことがわかった 名刺を入れっぱなしに飲んでいない薬を入れっぱなしよくないな
名刺に価値を見出せてないところが残念 ヒカルのマネージャーにもなれていない

言いたいことだけ書く
チームヒカルの強化策
いったんまえすを二軍落ちで調整する その間はヒカル 名人 ろけまさ、3人でメインチャンネル
ろけまさはサブチャンネルでしゃべりづづけることができるので言葉のレベルアップが必要
まえすは二軍強化 こっしゃんの声が小さすぎるので腹をくくらせる
対処方法は完全防具をつけた状態でまえすとこっしゃんの殴り合い 大声を出してまえすを殴らせる
喧嘩をしたことのない新人警官の研修方法 
竜崎は動画を意識しすぎているのか映り方を気にしすぎハンサム担当はいらないと思う
まえすVS竜崎で相撲対決 まえすは竜崎の半ケツを出す 正直竜崎はよくわからないからとりあえずヘタレ系ハンサム担当 ナルシスト裸系でもよし
その後、こっしゃん竜崎に体を張らせてまえすが緊張しないようにゆっくりで客観的な進行役に徹する動画を何本か繰り返す
まえすは進行役をどこまでやれるか自分で認識できるようになれ 軽い進行役でいいんだ

企画力をつけよう
カバンチェックは名人の突発的な動画だったらしいがサブチャンネルの企画会議とかしていないのかな?
ヒカルを除いて 定期的に5人で集まってやるべきだ、なんならそれを一本動画にしてもいい
進行役ろけまさ、アイデアをホワイトボードに書き溜めて名人がぶっ飛んだ企画を言って無視されるオチ担当
みんなでアイデアをたくさん出してその中でいい思うものを選ぶ それを肯定派と否定派に分かれて3分間ディベート
終わったら肯定、否定派 交代して3分ディベート 
5人の企画は短時間でも会議し考えいいところを強調して悪いところを隠す癖をつける

最後に当人たちのスケジュール、忙しさについて知りたいな
時間がないのなら企画は外部委託も可 公募してもよい
まえすを応援しているから公募があったら企画書を送りたいな



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
おすすめ料理本(簡単でうまい男の料理)    太一×ケンタロウ 男子ごはん

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

男子ごはんは、毎週、楽しみに番組を見ています。

結構、レシピをまねて料理を作ったりしています。
煮込みハンバーグ、簡単酢豚、白菜の付け合せなど、いろいろ作りました。
どれも、本当に簡単に楽しくおいしいものができました。
特に、酢を使った料理が好きです。
この前は、アジの南蛮漬けを作りました。
三枚におろしたアジを購入し、片栗粉をまぶして、そのまま揚げ、レシピ通りタレに漬け込む
テレビでは、アジではなく、イワシの南蛮漬けでしたが、アジで作ってみるとこれまたうまい。